北病棟
フロア紹介
群馬大学医学部附属病院 看護部 > フロア紹介 > 北病棟

北病棟のご案内

北病棟9階 呼吸器・アレルギー内科、消化器・肝臓内科、結核

呼吸器・アレルギー内科、消化器・肝臓内科の患者さんが入院されており、病態やステージに応じて、患者さんに寄り添った看護を提供しています。チームワークが良く、ともに学び成長していける職場です。多職種との関係も良好で、看護の力を発揮できます。私達と一緒に看護してみませんか?皆さんの笑顔をお待ちしています。

北病棟 8階・SCU(ストロークケアユニット)脳神経外科、SCU

脳神経外科・脳卒中ケアユニットのある病棟で、急性期治療から地域連携まで幅広いケアを行っています。命に直結した疾患や、麻痺があったりうまく言葉にすることのできない患者さんに寄り添った看護が提供できるよう、多職種で協働しチーム医療を実践しています。思いやりと責任感を持ちながら頑張っているやりがいのある職場です。

北病棟7階 腎臓・リウマチ内科、血液内科(SCR含む)、泌尿器科

腎臓・リウマチ内科、血液内科、泌尿器科の混合病棟です。手術や化学療法、終末期の看護等、患者さんやご家族に寄り添う看護を提供しています。また、外来や造血幹細胞移植外来も担当し、地域の生活者としての暮らしを見据えた看護を実践しています。みんなが声を掛け合い、働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

北病棟6階 放射線科、核医学科、RI、消化管外科/肝胆膵外科

放射線科、核医学科、消化管外科・肝胆膵外科、RI病棟を持つ混合病棟です。
手術、放射線、重粒子線、化学療法、核医学などの治療を必要とする患者さんの看護を行えるやりがいのある職場です。
退院後の生活を見据え、多職種で連携し、患者さんに寄り添った看護が提供できるよう、チーム一丸で取り組んでいます。

北病棟5階 消化管外科/肝胆膵外科

消化管外科・肝胆膵外科の病棟で、周術期看護を中心に化学療法・放射線療法・終末期と多岐にわたる看護に専門性を高め日々取り組んでいます。患者さんに寄り添った看護が提供できるよう、チームワークよくコミュニケーションを取り、明るく楽しい職場です。毎日笑顔で過ごせるよう、ぜひ皆さんも一緒に働きましょう。

ICU(集中治療室)

内科系・外科系を問わず急性期の重症患者さんの救命と回復に向けた看護を行います。幅広い知識や技術を必要とするため、ICUクリニカルラダーやシミュレーション教育、ペア制を導入し、看護力の向上を目指しています。また、医師・薬剤師・臨床工学技士・理学療法士などの多職種と協働し、チーム医療を実践しています。

北病棟3階 小児科、小児外科、BCR

子供や家族が安心して治療が受けられるだけでなく、明るく、楽しく入院生活が過ごせるように保育士や医師と連携しチームで取り組んでいます。乳児から思春期まで幅広い年代と様々な疾患があり大変なこともありますが、子供たちの笑顔に癒されます。子供たちや家族が笑顔で過ごせる明るく温かい職場で一緒に働きましょう。

北病棟2階 呼吸器外科、救急科、形成外科

北病棟2階は呼吸器外科、救急科、形成外科の混合病棟です。呼吸器外科では周術期管理など外科看護の基本を学べ、救急科、形成外科は大学病院ならではの疾患や治療を学べます。急性期の忙しい病棟ですが、日勤帯ではペア制を取り入れており新人さんでも安心して働けると思います。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

トップへ戻る