群馬大学医学部附属病院 看護部

看護部概要Overview

北病棟9階

photo消化器・肝臓内科、呼吸器・アレルギー内科の患者さんが入院しています。 主には早期がんに対する内視鏡治療、化学療法、放射線療法等の治療を行い、急性期・慢性期・終末期の患者さんが混在しています。患者さんのステージや病態に応じ、患者さん・ご家族の心に寄り添った看護を提供しています。医師・看護師・薬剤師をはじめ多職種で連携・協働しチーム医療を実践しており、とてもやりがいのある病棟です。

北病棟9階師長
北病棟9階師長
スタッフ同士チームワークがとてもよく、明るく活気に満ちた職場です。皆やりがいを感じ責任感をもって看護しています。私達と一緒に看護してみませんか?皆様の笑顔をお待ちしています。

北病棟8階・SCU(ストロークケアユニット)

photo脳神経外科・脳卒中ケアユニット(SCU)があります。日々脳卒中の患者さんを受け入れ、急性期治療から地域連携まで幅広いケアを行っています。医師・看護師・リハビリスタッフ・MSW・薬剤師など他職種連携によるカンファレンスを行いチーム医療を推進しています。定期的に県内の病院の方たちとISLS/PSLS研修を開催し意識レベルの確認や急変対応できるように取り組んでいます。

北病棟8階師長
北病棟8階師長
命に直結した疾患や、麻痺や話すことのできない患者さんの看護を行っています。思いやりと責任感を持ちながら頑張っているやりがいのある職場です。

 

北病棟7階

photo腎臓・リウマチ内科、血液内科、泌尿器科の混合病棟です。看護師は、診断の確定期から化学療法や手術の治療・維持期を通じて、終末期の看護まで、患者さんやご家族のライフステージに寄り添った看護を提供しています。また、外来や看護専門外来である造血幹細胞移植外来を担当し、退院後も地域の生活者として一人一人の暮らしを見据えた看護を実践しています。若手スタッフがとても多い部署ですが、アイデアを出し合い、みんなが働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

北病棟7階師長
北病棟7階師長
『患者・家族と真摯に向き合い、一歩先を見据えた看護を提供する』をミッションに、誠実に看護を提供するための教育体制の構築や、部分的にPNSを取り入れたり、語りの機会を設けたりして看護の暗黙知を形式知へ展開できるように取り組んでいます。

北病棟6階

photoがん患者さんを対象に手術、放射線、抗がん剤、核医学などの治療や特殊な検査を行っている病棟です。在宅に向けた退院支援も多職種で取り組んでいます。患者さんに対して効果的に看護介入できた時は達成感があり、また、最先端の治療・検査についての知識を身につけることでやりがいになります。

北病棟6階師長
北病棟6階師長
患者さんの心に寄り添い誠実な看護ができるよう努めています。個々の患者さんにとっての最善な看護は何か、働きやすい職場を作るにはどうしたらよいか、常に前向きに取り組む病棟でありたいと考えています。

北病棟5階

photo 消化器疾患の周術期看護を主に行っています。手術に関する事だけでなく多職種と連携をとりNST・在宅ケア・緩和ケアなどを取り入れています。患者さんに寄り添い信頼関係を大切にしながら日々看護させていただいています。チームワークがよく明るい雰囲気でやりがいのある病棟です。

北病棟5階師長
北病棟5階師長
PNSを取り入れながら看護を行っています。思いやりと責任感のあるスタッフばかりです。ぜひ一緒に働きませんか。

ICU(集中治療室)

photo内科系・外科系を問わず急性期の重症患者さんの救命と回復に向けた看護を行っています。疾患が多岐にわたり幅広い知識や技術を必要としますが、ICUクリニカルラダーの導入やシミュレーションを取り入れた学習会の開催など、スタッフ教育に力を入れています。また、医師・薬剤師・臨床工学技士・理学療法士などの多職種と協働し、チーム医療を実践しています。

ICU(集中治療室)師長
ICU(集中治療室)師長
クリティカルな状態にある患者さんやご家族に寄り添い、専門性の高い看護が提供できるよう、部署全体で協力しながら取り組んでいます。幅広く学べるやりがいのある職場です。

北病棟3階

photo内科、外科と様々な科の患児が入院しています。患児の発達段階に合わせた看護を提供するために、保育士や院内学校の先生と連携を図っています。治療や処置は患児にとって怖いものです。患児や家族が安心して治療を受けられ、前向きな気持ちで療養生活が送れるように援助しています。

北病棟3階師長
北病棟3階師長
子供たちの笑顔に癒され、明るく楽しい職場です。ぜひ一緒に働きましょう。

北病棟2階

photo呼吸器外科・救急科・形成・整形外科の様々な疾患の患者さんが入院しています。 救命救急センターでは、救急患者を24時間受け入れ、また、週に2回ドクターカーを運用し、地域医療に貢献しています。患者さんにより良い看護を提供するために、学習会を多く企画し、また医師・MSW等多職種でのカンファレンスを行っています。共に学び、共に成長できることをモットーに、チームワークを大切に日々頑張っています。

北病棟2階師長
北病棟2階師長
やりがいのある職場です。皆さんと一緒に働けるのを楽しみにしています。

東棟1階

photo統合失調症、うつ病、摂食障害などの精神科を代表する疾患をはじめ児童思春期ユニットでは広汎性発達障害などの患者が入院しています。精神科の専門性と、患者の生活に寄り添った個別性の対応が求められる職場です。患者層は、小児から高齢者まで幅広く、身体合併症の管理も必要な症例も増加しています。入院中から他職種との連携が早期退院につながるので週1回の合同カンファレンスで情報共有に努めています。スタッフも協力的で明るい職場です。

東棟1階師長
東棟1階師長
人は多少に関わらずストレスを感じることがあり、誰かに聴いてもらうだけで気持ちが楽になります。一緒に心の看護をする日を楽しみにしています。