群馬大学医学部附属病院 看護部

看護部概要Overview

北病棟9階

photo 呼吸器・アレルギー・内分泌・消化器と多くの慢性疾患の患者さんが入院しています。また、患者さんへの教育・指導として「糖尿病教室」や「肝臓病教室」などの勉強会を設けています。医師・看護師・薬剤師同士の意見交換を頻繁に行い、自らの意見や考えを伝えやすい環境です。患者さんが名前を覚えてくれた時はとてもうれしくなります。

北病棟9階師長
北病棟9階師長
私達と一緒に看護してみませんか。皆様の笑顔をお待ちしています。

北病棟8階・SCU(ストロークケアユニット)

photo脳神経外科・整形外科・回復機能リハベッドのある北病棟8階と、脳卒中ケアユニット(SCU)があります。急性期治療から、地域へ帰れるケアを幅広く行っていて、医師・看護師・リハビリスタッフ・メディカルソーシャルワーカーと連携したカンファレンスによってチーム医療を推進しています。ISLS/PSLS研修も地域の病院と一緒に定期的に行っていて、急変対応や意識レベルの確認がよりしっかり学べます。

北病棟8階師長
北病棟8階師長
命に直結した疾患や、マヒ等で家族にも負担がかかる患者さんの看護をいつもしているので、思いやりと責任感の強い看護師ばかりです。

北病棟7階

photo内科(血液内科・腎臓リウマチ内科)と外科(乳腺外科)の混合病棟で、化学療法から手術まで幅広い看護を提供しています。患者さんやご家族との信頼関係を大切にしながら業務に臨んでいます。また、骨髄移植後長期フォローアップ外来や乳腺外科外来での看護面談など、外来業務も担当し入院前から退院後まで継続的に患者さんの支援に関わっています。若いスタッフの多い病棟ですが、それぞれが意見を出し合って働きやすい職場作りに取り組んでいます。

北病棟7階師長
北病棟7階師長
広く学べるやりがいのある職場です。お互いをフォローしながらチームワークよく頑張っています。業務の一部にPNSを取り入れています。

北病棟6階

photo 癌患者さんを対象に放射線・抗がん剤などの治療や特殊な検査・治療を行っている病棟です。患者さんに対して効果的に介入できた時は達成感があり、また、最先端の治療・検査についての知識を身につけることでやりがいになります。チームワークもよく、和やかな雰囲気の職場です。

北病棟6階師長
北病棟6階師長
患者さんの心により添う看護を心がけ明るくみんなで頑張っています。

北病棟5階

photo消化器疾患の周術期看護を主に行っています。手術に関する事だけでなく他職種と連携をとりNST・在宅ケア・緩和ケアなど取り入れています。患者さんに寄り添い信頼関係を大切にしながら日々看護させていただいています。チームワークがよく明るい雰囲気でやりがいのある病棟です。

北病棟5階師長
北病棟5階師長
PNSを取り入れながら看護を行っています。思いやりと責任感のあるスタッフばかりです。ぜひ一緒に働きませんか。

ICU(集中治療室)

photo ICUでは、内科系、外科系を問わず、呼吸・循環・代謝等の機能不全に陥った急性期治療中の患者さんの看護を行います。疾患が多岐にわたり幅広い知識、技術を必要としますが、勉強会を開催するなど部署内教育が充実しており、クリティカルケア習得の機会を多く設けています。他職種と共同する中でスタッフ各々がチームの一員として誇りをもって働いています。

ICU(集中治療室)師長
ICU(集中治療室)師長
内科・外科問わず、重症患者さんが入室します。疾患も多岐にわたり、機械類も多く覚えることはたくさんありますが、やりがいのある職場です。

北病棟3階

photo 患児の発達に合わせて看護の提供を行い、保健師や院内学級の先生とも連携を図りながら療養生活をケアしています。病気を抱えた児の成長・発達を見守り、児の家族との深い関わりにより、信頼関係を築いて充実した看護を提供しています。スタッフ同士で同じ目標に向かい力を合わせ、みんなで悩んで努力しながら看護師としての技術や技能を磨いています。

北病棟3階師長
北病棟3階師長
対象は、幅広く疾患も多岐にわたり、学ぶことはたくさんありますが、やりがいのある職場です。

北病棟2階

photo呼吸器外科・循環器外科・救急科と様々な疾患の患者さんが入院しています。救命救急センターでは、救急患者を24時間受け入れ、地域医療に貢献しています。患者さんにより良い看護を提供するために、学習会を多く企画し、医師、MSWらと、毎日のカンファレンスを行っています。共に学び、共に成長できることをモットーに、チームワークを大切に、日々頑張っています。

北病棟2階師長
北病棟2階師長
やりがいのある職場です。皆さんと一緒に働けるのを楽しみにしています。

東棟1階

photo統合失調症、うつ病、摂食障害などの精神科を代表する疾患をはじめ児童思春期ユニットでは広汎性発達障害などの患者が入院しています。精神科の専門性と、患者の生活に寄り添った個別性の対応が求められる職場です。患者層は、小児から高齢者まで幅広く、身体合併症の管理も必要な症例も増加しています。入院中から他職種との連携が早退院につながるので週1回の合同カンファレンスで情報共有に努めています。スタッフも協力的で明るい職場です。

東棟1階師長
東棟1階師長
人は多少に関わらずストレスを感じることがあり、誰かに聴いてもらうだけで気持ちが楽になります。一緒に心の看護をする日を楽しみにしています。