群馬大学医学部附属病院 看護部

教育体制Education system

プリセプターシップ

プリセプターシップとは

新人看護師(プリセプティ)に先輩の看護師(プリセプター)がつき一定期間マンツーマンで指導・教育していくシステムのこと。アソシエーターは経験5年以上の看護師がつき、プリセプティとプリセプター両者をフォローします。新人看護師にとっては日頃の業務で不安なこと、わからないことがあった時にその場で相談・解決できるメリットがあり、先輩看護師にとっても新人の成長を把握でき、タイムリーに指導できる利点があります。新人看護師をチームで育てていく安心のシステムです。

プリセプターによるマンツーマン指導で確実にレベルアップ

プリセプターとしては、プリセプティの性格や特徴をよく理解し、それに合わせた対応をしています。プリセプターだけでなく、アソシエーターやスタッフ全員で、支えていきます。
新人の時は何もかもが新しく、一生懸命です。忙しさの中でも、一つ一つ確認しながら慎重に処置を行うように心がけてください。分からないことがあれば、何でもプリセプターに聞くこと。1人で悩まないで、疑問点を先輩に尋ねて現場で解決することが大事ですね。

photo

病棟における新人看護師の育成

患者さんは、多種多様な疾患や悩みを抱えていることが多く、日々接する中で信頼感を得ることが非常に重要です。元気よく、誠実に接することで良い結果が出てくると思います。
新人の時は、業務の内容はもちろんですが、その他の色々なことを、プリセプターや同期の仲間と話すことで、乗り越えられます。

病棟における新人看護師育成の概念図

病棟における新人看護師育成の概念図

プリセプティに関する質問

Q群大病院はどんなところですか?
A職場の雰囲気がとても良いです。分からないところは先輩がフォローしてくれたり、新人看護師のことをいつも気にかけてくれたりと、とても働きやすい職場です。院内研修や勉強の機会も充実しています。
Q新人研修にはどんなものがありますか?
A入職後もコミュニケーション研修、技術研修、プリセプティ3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月フォローなど、多くの研修・教育機会に恵まれています。プリセプティ6ヶ月フォローの時は、先輩から温かいメッセージをいただいて、とても感激したんですよ。
Qプリセプティとは何ですか?
A私たちのような新人看護師のことを言います。先輩であるプリセプターや、経験5年以上のアソシエーターの指導を受けながら実務経験を積んでいくマンツーマン指導のことを「プリセプターシップ」と呼んでいます。
Q群大病院へ就職を決めた理由は?
A大学生の時、インターンシップを体験して、とても雰囲気の良い職場だと実感したからです。先輩看護師がいきいきと働いている姿を見て、自分もあんな風に働きたいと思いました。
Q就職してみて感じたことは?
A患者さんへのケアも多く、予想以上に忙しい仕事であると感じました。でも、新人に対してのサポート体制がしっかりしていますし、研修も充実しているので安心して働けます。プリセプティフォロー研修では、他の病棟の同期の子と話ができるので息抜きにもなります。お互い励ましあいながら頑張っているんですよ。
Q一番大変だなと思ったことは?
A薬のこと、手術のことなど覚えることが多くて大変でした。また、多くの業務の中で優先順位を考えながら効率良く行動することが難しかったですね。
Qどのように乗り越えましたか?
A分からないことは自分で調べたり、先輩に聞いたり、その日のうちに解決するようにしました。自分一人でできないところは先輩に手伝ってもらうなど、無理をしないようにしています。
Q仕事のやりがいは何ですか?
A患者さんから「今日の担当があなたで良かった」と言っていただいたことです。まだまだ未熟な私ですが、患者さんにそう思っていただいて本当に嬉しかったです。
Q先輩方のサポートはいかがですか?
Aいつでも近くにいて、「大丈夫?」と声をかけてくれるので不安もやわらぎます。先輩のサポートがなかったら今の自分はないですね。分からないことは気軽に質問できて、快く教えていただけるので助かります。
Q将来、どんな看護師になりたいですか?
A知識も技術もあって、患者さんから頼りにされる看護師になりたいです。