群馬大学医学部附属病院 看護部

教育体制Education system

認定看護師とは

認定看護師とは、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識をもって実践できる看護師のこと。高度化する医療現場において、認定看護師の役割はますます大きくなっています。当病院でも多くの分野で認定看護師が活躍しています。

皮膚排泄ケア認定看護師

photo ストーマ(人工肛門・人工膀胱)、創傷(褥瘡・瘻孔・術後創など)、失禁(尿・便)など皮膚排泄ケア領域において、専門的な知識と技術を持って、質の高い看護を提供できるよう努めております。皮膚や日常生活の相談、心の悩みを含めた全人的ケアを実践し、QOLの向上につながるようケアを行っています。
また、褥瘡管理者として、各部署の褥瘡リンクナースや褥瘡対策チームと連携を取りながら院内の褥瘡予防・治療ケアに取り組んでいます。皮膚や排泄のケアは、日常生活を送る中で看護の基本であり、予防・治療ケアを通して、日々安心して過ごせるようサポートしております。

緩和ケア認定看護師

photo緩和ケアは、がんと診断された時から人生の最期を迎えるその時まで、患者さんとご家族の意思を尊重し、その人らしい生を支えることを目標としています。緩和ケアチームの専従看護師として組織横断的に活動し、患者さんが“その人らしく”日常生活を送ることができるように支援しています。また、スタッフの相談に応じ、一緒に考え、実践につなげていくことで院内全体の緩和ケアの質の向上にとりくんでいます。緩和ケアを必要としている患者さんとご家族にきちんとケアが届くことが私の一番の目標です。

手術看護認定看護師

photo 手術部をレベルアップし、安全な手術と高水準の看護を提供するために活動しています。各職種や部署との連携・調整を取りながら「より安全でクオリティの高い手術医療の提供」を目指してチーム作りを実践しています。

糖尿病看護認定看護師

photo 糖尿病は、年々増加の一途をたどっています。糖尿病は生活習慣が原因とされており、自己管理が重要な疾患です。しかし一生続く療養生活を継続するためには、その人に沿った生活に役立つ療養支援が必要です。質の高いケアを実践することが認定看護師1つ目の役割と考えています。当院は、あらゆる病棟に、糖尿病の患者さんそしてインスリン療法を受けている患者さんが多い病院です。2つ目の役割は、看護師が安全に確実に実施し、効果的な療養支援ができるスタッフの育成です。そして3つ目は、自分自身が、研修会・学会の参加で自己研鑽を行い、常に新しい知識を身につける事だと思い努力しています。

摂食嚥下障害看護認定看護師

photo 摂食嚥下障害看護認定看護師には、摂食嚥下障害のある小児期から老年期に至るあらゆる年代の方の「食べたい」を支え、QOLの向上を目指して、個別性、専門性の高い看護を実践する役割があります。また、そういった患者さんを支援する家族やスタッフの、安全に「食べさせたい」をサポートする役割があります。私はそのような活動を通して、院内の摂食・嚥下障害看護のレベルアップを図っていきたいです。みなさま、お気軽にご相談ください。

感染管理認定看護師

photo 患者さんの安全な療養環境の提供と、ご家族や訪問者等を含む施設内全ての人々を感染から守るために取り組んでいます。効果的な感染対策実施のため、感染防止技術に基づいたよりよいケアを各部署の感染担当看護師や院内感染対策チームと実践しています。また、他職種とコンサルテーションを通して、適切な方法で感染対策上の問題解決へ向けて相談・調整を行い、最新の感染管理の知識のもと、院内感染の予防を目指しています。施設内のすべての人々に対して、感染管理に必要な啓発研修を感染制御部として立案・実施し、質の高い医療の提供に努めています。医療サービス提供の機会が、外来や在宅などに拡大していることを意識した感染対策を実施してまいります。

集中ケア認定看護師

photo ICU(集中治療室)には、大手術や何らかの原因で重篤な状態に陥った患者さんが入室されます。生命の危機的状態にある患者さんに対して、重篤化を回避し、障害の程度を最小限にした回復を促進することができるように看護を実践しています。患者さんが、一日でも早く社会復帰できるよう、専門的な知識と技術を用いて医師や薬剤師、臨床工学技士等と協働しています。また、精神的な危機的状況にあるご家族への適切な援助が行えるように努めています。

救急看護認定看護師

photo 救急外来という短時間での関わりの中で、患者さん、ご家族の心に残る温かい看護を目指しています。どんな場面でも患者さん側の視点を持ち、その人らしさを考えられる倫理観を持つこと、それがモットーです。
認定看護師の任務として、救急看護領域での教育体制を立案し整えていく基盤を作ることがありますが、大変な反面、とても充実しています。後輩の育成には大きなやりがいを感じています。

がん化学療法看護認定看護師

photo がん化学療法は、がん治療の1つとして行われる治療です。その中でも外来化学療法は、通院しながら化学療法を受ける患者さんのために、個々の生活スタイルに合わせ、安全に安心して治療を受けられる環境を提供していかなければいけない場でもあります。患者さん・家族が納得して治療を継続できるよう、不安に思っていることを気軽に話せる雰囲気に配慮し、副作用に対する自宅での対処方法の指導・社会的支援の説明など、看護師・医師・薬剤師など多職種での連携を図り、適切な援助に努めています。

不妊症看護認定看護師

photo不妊に悩むご夫婦は増えており、思いを理解し看護を深めていきたいと思い認定看護師になりました。それぞれの患者さんが納得し、最良だと思う治療選択ができるようサポートしています。自分の価値観で判断することなく、相手を尊重し一緒に前に進んでいける看護師になりたいですね。

乳がん看護認定看護師

photo主に乳腺看護専門外来とリンパ浮腫外来という看護専門外来を中心に活動しています。増える乳がん患者と日々進歩する乳がん治療。乳腺専門医とともに患者さんとご家族にできることは何かを考え、思いに寄り添いながら看護にあたっています。