群馬大学医学部附属病院 看護部

教育体制Education system

がん看護専門看護師(重粒子線医学センター専属)

photo重粒子線治療は、がん治療である放射線治療の一種です。通常の放射線治療との特徴の違いは、放射線の当たる範囲を集中させることが出来るため、治療をしたい場所の周囲にある組織へのダメージを少なくして治療することが出来ます。また、がんを死滅させる効果が高いため、通常の放射線治療では効果のなかったがん(例えば悪性黒色腫や骨肉腫など)にも治療効果が得られています。 重粒子線治療に携わる看護師は、治療を受ける患者さんやご家族が安心して治療を受けることが出来るように、治療前から治療中、治療後へと切れ目のない支援を行い、必要な専門職との橋渡しを行うなどのコーディネーター的な役割も担っています。

がん看護専門看護師(外来所属)

photoがん治療は、手術・放射線・化学療法を組み合わせて行われますが、現在、そのほとんどが外来通院で行われます。そのため、患者さんとご家族が抱くがん治療への悩み・不安に対して、外来看護が持つ役割の拡大と質の向上が求められています。当院では保健学研究科教員と連携して「看護専門外来」を開設しています。さらなるスキルを持った看護師・教員がそれぞれの外来を担当し、患者さんとご家族の生活面・精神面を含め、看護独自の視点で支援しています。安心して治療・看護が受けられるよう外来看護の質向上に努めています。

がん看護専門看護師(緩和ケアセンター)

photo患者さん・ご家族が安心して医療・看護が受けられるように、その人らしさを尊重したケアを心がけております。がんと診断された時から、つらい気持ちが話せる場や存在がいることは、患者さん・ご家族にとって、これからどのような生活を送っていくかを考えるうえでとても大切なことです。療養上の不安や悩み・気がかりなど、がんに関するあらゆる内容に対してお話を伺い、最善な方法を選択できるよう共に考える身近な存在を目指しております。また、院内の看護師からの相談やがん看護から倫理に関する教育・研究支援など、当院の看護の質の向上にも努めております。


がん看護専門看護師(緩和ケアセンター)

photo私は緩和ケアセンターに所属し、主に『がん相談』を担当しています。患者さん、ご家族の様々な相談に対応し、1人1人のニーズに応じサポートしています。また相談の中から、その方らしさを見出し支えていきたいと考えています。がん医療では、治療における意思決定、苦痛の緩和、倫理的問題など医療者も難しい課題に直面します。そんな医療者をサポートし、多職種が連携を図ること、そして教育や研究を通してよりよいケアが提供できるシステム作りに日々取り組んでいます。身近な専門看護師として、患者さん、ご家族、医療者に寄り添う看護を目指しています。