群馬大学医学部附属病院 看護部

教育体制Education system

クリニカルラダー

看護職クリニカルラダーは、新入職者オリエンテーションから始まり、新人はレベルⅠを目指して研修を受けます。3年目程度でレベルⅡを修得、その後、レベルⅢ(ジェネラリスト)の取得を義務付けています。レベルⅢの習得によって、看護実践能力・対人能力・マネジメント能力・教育研究能力の4つの能力を備えた自律したジェネラリストになることを目指しています。助産師クリニカルラダーは、日本看護協会「助産実践能力習熟段階活用ガイド」を用いて、①助産実践能力を高める、②助産師個人の目標設定を明確にする、③助産師個人のキャリア開発を最大限に支援し、適正人材配置・活用の参考資料として活用する、という目的のため平成28年度から開始。助産師は看護職クリニカルラダーと併行して、助産師クリニカルラダーの習得を行っていく。

レベルⅠ
【看護実践能力】
日常生活援助のための基本的知識、技術、態度を身につけベッドサイドケアが安全確実に提供できる。
【対人能力】
患者や家族とのコミュニケーションが取れ、チーム医療の一員として良い人間関係を築くことができる。
【マネジメント能力】
日々の受け持ち看護師・助産師としての役割と責任を果たすことができ、組織の一員であることを自覚できる。
【教育研究能力】
院内研修、看護実践を通して、看護の知識・技術を深め、看護過程の展開に取り組み発表ができる。

目に見える形で成長を実感できます

photo新人として入職してから1年間かけて学んだことがレベルIという形で認定されて、自分が少しずつ成長していることを実感できました。研修を受ける時は、内容を予習して前もって参考資料を探して持参したりと、内容がしっかりと身につく工夫をしていました。当院は先輩方のメンタル・フィジカル面のサポートが手厚いので安心して働けます。おかげで技術面・精神面ともに成長することができました。

レベルⅠ認定 A.Kさん
平成28年入職/北病棟2階勤務/群馬パース大学卒

レベルⅡ
【看護実践能力】
看護過程を踏まえた個別ケアを実践できる。
【対人能力】
部署内・他部門と連携を図り、協調関係を築くことができる。
【マネジメント能力】
継続受け持ち看護師・助産師としての役割と責任を果たすことができ、組織を理解し組織の中の一員として役割を理解できる。
【教育研究能力】
院内研修の学びを看護実践の場に活かすことができ、看護研究に取り組み、看護実践を振り返ることができる。

認定を受けることで自信と意欲がわいてきます

photoレベルII認定を受けて、自分の成長を実感でき、さらなる成長に向けて頑張りたいと思えました。そして将来どのような看護師として働きたいかが明確になってきました。後輩に指導することで、自分自身の看護について振り返ることもできます。当院は院内研修はもちろん、希望すれば院外の研修に参加できる体制が敷かれています。スタッフ同士の雰囲気も良く、皆でレベルアップしていける環境が揃っています。

レベルⅡ認定 K.Aさん
平成26年入職/南病棟8階勤務/群馬県立県民健康科学大学卒

レベルⅢ
【看護実践能力】
専門的な技術や知識を用いて、所属部署における看護実践の役割モデルになれる。
【対人能力】
医療チーム全体の状況を把握し、他部門・他職種との関係を良好に維持する働きかけができる。
【マネジメント能力】
医療チーム内のリーダーシップについて理解し、発揮することができ、組織の中の役割を実践できる。
【教育研究能力】
後輩および看護学生に対して指導的に関わり、看護研究指導・研修などを通して看護実践を深めることができる。

レベルが上がるごとに周りを見る目が養われます

photoレベルが上がると周りを見わたそうという自覚がわきます。私は日々、相手の立場に立ってスタッフと関わるように心がけています。クリニカルラダー制は自分がステップアップしている実感がわくので、新人や後輩を育てようという良い意識づけとなりますね。当院は大学病院として研究に取り組んでいるので様々な症例があり、多くの経験ができるので自然とレベルアップにつながっていくと思います。

レベルⅢ認定 H.Hさん
平成24年入職/南病棟4階勤務/群馬大学卒

レベルⅣ
【看護実践能力】
創造的な看護実践を指導できる。
【対人能力】
職場内での問題発見や解決のために積極的に関わることができる。
【マネジメント能力】
病院経営の一端を担うことを意識しながら、組織の中でリーダーシップが発揮でき、対外的にも立場を認識した行動がとれる。
【教育研究能力】
部署において研究活動・研修・指導などを通して教育的役割を果たし、看護の質を高めるために常にクリティカルシンキングしている。

リーダーシップを担う自覚を感じます

photoレベルⅣ認定を受けて、責任感が増し、リーダーシップを担う自覚をますます強く感じるようになりました。多くの研修がありますが、研修に参加することによって、どうなることが求められているかを想定することができましたね。レベルⅢ以上がなかなか進まず、難しいなと思っていたのですが、それでこそ認定が受けられた時は嬉しいものです。どうか皆さん、3年くらいで一人前と思わず、いろいろな部署でたくさん経験を積んでほしいですね。そのための環境は整っています。

レベルⅣ認定 K.Hさん
平成13年入職/南病棟5階勤務/群馬大学卒